宅建独学徹底サポートコース | 面倒見の良い行動習慣化の専門家 菊地 一紀

面倒見の良い行動習慣化の専門家菊地 一紀KAZUNORI KIKUCHI

お問い合わせはこちら

メールフォームへ

宅建独学徹底サポートコース

宅建独学徹底サポートコース

独学で宅建士試験合格を目指す方へ。
再チャレンジの方から初学者まで、柔軟に対応いたします。

勉強習慣化を身に付けたあなたのための
宅建試験合格に特化したコースです。

  独学で勉強している方から、こんな相談を受けることがよくあります。

  ・はじめての受験なので、テキストの難解な法律用語の理解に苦労している。

  専門用語(都市計画法、用途地域、宅地造成規制法等々)の説明を読んでも、実際どいうことなのか、

   思い浮かばないので理解しづらい。

  練習問題や、過去問に取組んでいると、問題文に関しても法律的な言い回しが多く、解答する前に、

   問題文の解読に時間が掛かってしまうことがある。

  権利関係で、基本事項を複数関連付けた問題(応用レベル)がほとんど得点出来ず、残念ながら合格点

   に届かなかった。再受験のときはどう勉強すればいいのか、わからない。

      過去問は10年分を数回繰り返し、理解したつもりだったけど・・・

でも安心してください。そんな悩みを解決して、予備校の通学、通信講座を利用することなく、独学で合格レベルに達することは可能です。それが、

宅建合格徹底サポートコースです。

宅建合格徹底サポートコース詳細

毎回の個別セッションでは、

  • 難解な法律用語、馴染みづらい法律的な言い回しも、出来るだけ身近な事例に置き換えて説明します。
  • 複合的な知識が要求される問題にも正解できるように、複数の項目を関連付けて理解できるように説明します。
  • テキストではカバーされていない項目に関しても適時フォローします。

    個別セッションでは「なるほど、そういうことか」と思っていただけるはずです。

90分/回 ×6回のマンツーマンセッション 期間4ヶ月~6ヶ月(目安)

・あなたの都合に合わせて、2~4週間に1度、直接お会いします。
 (権利関係⇒法令上の制限⇒宅建業法⇒その他の順番で勉強を進めます。)
  ・重要な項目について身近な具体例を交えて説明し、本質的な理解へ導きます。
・馴染みの薄い、法律的な言い回しの問題文に関しても、読み解く方法を説明します。
・関連付が必要な権利関係は、特に時間を掛けて丁寧に説明し、理解へ導きます。
  *説明には当方作成のオリジナル資料を使用します。
・計画の微調整、数か月間に及ぶ勉強期間を乗り切るためのメンタル面のサポートを行います。

勉強計画の進捗管理表を1回/週提出していただきます。

個別セッションで説明した内容の理解を深めるために、次回のセッションまでに実際の 問題(過去問、+αの問題)に取組みます。そして、問題に取組んだ結果を毎週報告していただきます。
         
           ↑↓(菊地からのフィードバック)
問題に取組むことで、自分はどの項目が正確に理解出来ているのか、逆にあやふやなのはどの項目なのか、毎週お互いに確認できるようになります。この結果を毎週報告いただくことで、私からの一方通行ではなく、双方向のコミュニケーションとなり、あなたにとって、より適切なアドバイスが可能になるわけです。
本試験での得点力アップにつながります。
また、過去問は学校の勉強に例えるなら、教科書の例題のあとに載っている練習問題の
ような位置づけです。要するにインプットです。したがって過去問以外にも数多くの問題に取組んでいただきます。

 

 

 

受講期間中のメールによる質問は回数制限無し

テキストや問題集に取組んでいると、どうしても「これって、どういうことだろう?」という感じで、勉強が止まってしまう瞬間があります。その時は一人で悩まずメールして下さい。あなたは一人ではありません。

料金 48,000円(税込)

大手の資格予備校では初学者6ヶ月のコースで通学、通信ともに100,000円~130,000円 です。受験経験者のコースでも100,000円前後です。それでも個別指導ではありませんし、あなたが時間を選ぶことも出来ませんよね。このプラグラムはあなたに合わせた個別指導で予備校の半分以下、1カ月あたり8,000円の投資で合格を引寄せることが出来ます。ストレスがたまり、飲みに行ってしまえば、すぐに消えて無くなるような金額です。

*独学で合格した経験者だからわかること

  • つまずくポイントがわかりますので、そうならないように先手でフォローします。
  • ついつい陥ってしまいそうになる、一見必要そうに感じても、実は不要な作業(勉強とは言えないこと)について事前に確認します。
  • 各分野を勉強するときに「何を意識すれば」いいのか?がわかっているだけで理解するスピードがあがります。

「知識、メンタル面」が安定すれば、試験に臨む体制として万全になります。

私が合格できた理由と後悔

宅建士の合格率は例年15%~17%題です。正確な数値は不明ですが、独学者の合格率は、さらに低い数値になることは容易に想像できます。私は独学で合格しましたが、自信があったわけではありません。残業続きでそうせざるを得なかっただけです。
実は私自身も、冒頭の悩みに直面し、宅建テキスト以外に、民法、税金の入門書で確認するという非効率なことを繰り返していたので、計画通りに勉強がすすまなくなり、散々な状態でした。相談できる人もいなく一人でイライラしていました。
ただし、無意識のうちに、暗記主体ではなく、本質を理解することの重要性が身に付いたので、途中で計画を立て直して、再スタートした後、過去問の2回目に入る時には理解度、スピードが数段アップし、スーッと記憶に残るようになっていました。大変な回り道でしたが、その後は順調に勉強出来るようになりました。
当時の私は「ダメ営業マンからどうしても抜け出したい」という強烈な思いがあったので非効率な方法で勉強が進まず、挫折しそうになりながらも、なんとか継続できました。
ギリギリの精神状態でしたが…
しかし、数年経過した今でも、思い通りに進まず、イライラしている時に相談に乗ってくれたり、理解に重点を置いた勉強法を効率的に教えてくれる人がいたら、どんなに気持ちが楽だっただろ、そして勉強もたのしく出来たはず… そう思うことがあります。

回り道せずに、合格してほしい

この時に回り道をし、試行錯誤した体験を、勉強法として体系化した内容が宅建合格徹底サポートコースになります。私のように、回り道をすることや、相談する相手がいないために一人でイララする経験をあなたにはしてほしくないのです。
このプログラムを受講して「合格したいな」が「合格できそうだ」に変わり、試験直前には「合格できる」という揺るぎない自信になっている。そんなあなたになって、そんなあなたになって、試験に臨んでいただけるよう誠意を持ってサポートします。

お問い合わせ

宅建独学徹底サポートコースに関するお問い合わせ・お申し込みはお気軽にこちらからどうぞ。
PAGETOP
▲ PAGETOP