独学初学者の挫折要因・資格予備校、ネットの情報を鵜呑みにすること | 面倒見の良い行動習慣化の専門家 菊地 一紀

面倒見の良い行動習慣化の専門家菊地 一紀KAZUNORI KIKUCHI

お問い合わせはこちら

メールフォームへ

勉強習慣化

2018.01.08 勉強習慣化

独学初学者の挫折要因・資格予備校、ネットの情報を鵜呑みにすること

Pocket
LINEで送る

菊地一紀です。


正月の雰囲気も完全になくなりましたね。今年の試験に向けて、勉強を計画的に進めていますか?
「もちろんですよ!」
という方はOKコツコツ進めてください。


この時期になると「今年、宅建にチャレンジしようと思っています。適切な勉強期間、について調べところ3~4ヶ月くらいという情報が多いのですが?どうなんでしょうか?」という質問をよく受けます。そいう方は、決まって3カ月で一発合格、1ヶ月でOK!という情報サイトを見ているわけです。それを「ウソだ!」なんていうつもりは毛頭ないですよ。その情報の発信者はその期間で、本当に合格したわけですから


ただし、注意してほしいのは、その方と、あなたは日常の環境が違うかもしれない。ということなのです。例えば、すこし極端な例ですが、勉強時間を捻出することすら大変なくらい多忙な毎日を送っている方と、ほぼ毎日定時で仕事が終わる方が、同じ勉強期間や、勉強方法でいいわけないですよね


また、
ここ数年の間に他の資格に合格した経験があり勉強習慣がある方と、10年以上、あるいはもっと長い期間勉強から遠ざかっていて、勉強習慣が身に付いていない方でも、対策は変わってきます。


でも、予備校に通えば大丈夫ですよね。そうですね、勉強習慣が身に付いていれば、大丈夫かもしれません。身に付いていないと?????


今日は長くなってしまいましたが、要するに、自分の日常生活、性格、勉強習慣の有無を冷静に振り返ることが重要です。


特に、「勉強習慣が無い」という方は資格を取りたいと思う気持ちが本気なら明日にでも書店で自分が使いやすいと感じるテキストを購入して、勉強計画を立てて、スタートしてください。



今から始めるなら2月までは、助走期間として、1日15分、権利関係のみの勉強で「勉強を継続する習慣を身に付けることに重点をおく」という感じで、問題ありません。


勉強習慣が身に付けば3月からの本指導でも充分、合格を狙えます。初学者の方、昨年は アヤフヤな気分で試験当日を迎えてしまった方は、是非、試してください。

それでは本日はこのへんで失礼します。
PAGETOP
▲ PAGETOP